女医とバルトレックス

CONTENTS

低用量ピルは病院で処方してもらうものと思われている人も少なくありませんが、実はそれ以外でも低用量ピルを手に入れる方法はあります。
それが通販サイトを使う方法です。
わざわざ診察を受ける必要もなく、同時に費用負担も幾分軽減していくことが出来るので、利便性を重視するのであれば断然おすすめの方法といえます。
具体的にどの通販サイトを利用するかで価格や品揃えに若干の違いはありますが、低用量ピルを手軽に購入したいという人は参考にしていいでしょう。

低用量ピルを買うならあんしん通販薬局がおすすめ

低用量ピルを買うならあんしん通販薬局がベストです。
あんしん通販薬局の魅力は大きくわけて3つ挙げられます。
まず1つ目が取り扱う商品すべてが正規品であること、通販サイトの中には正規品だけでなく粗悪な質の偽物が販売されているところもあります。
素人目にはそれを判断することも難しいため、初めての利用というのであれば猶の事、安心感の高い正規品を100パーセント取り扱っているサイトを使っていきます。

2つ目の魅力は手数料が無料という点です。
こうした通販サイトで医薬品を購入する場合には何かと手数料がひかれがちです。
海外からの輸入となれば当然その費用もプラスされていきますが、あんしん通販薬局の場合には最初からその不安点が解消されています。
余計なところにお金をかけることがないので、消費者にとっては非常にお得なサイトというわけです。

最後に、あんしん通販薬局の魅力として挙げられるのが処方箋なしに低用量ピルをはじめとする医薬品を購入できるという点です。
先にも挙げたように、日本の場合には低用量ピルを購入するために医療機関を受診する必要があります。
医師の診察を受けて、その上で医薬品を処方してもらうわけです。
その点、あんしん通販薬局の場合にはその診察と処方箋を出してもらう手間が省けます。
最短の時間でピルを入手できるというわけです。

あんしん通販薬局ではこれらの魅力が詰まったサービスを利用することが出来ます。
何より、ネット環境さえ整っていればパソコンからでもスマートフォンからでも注文が可能です。
わざわざ病院に通う時間を割く必要もなく、下手をすれば仕事や私生活のちょっとした合間でほしい低用量ピルの手配が完了してしまいます。

こうした利便性の高さから、あんしん通販薬局を利用する人が年々増加しています。
実際にネット上の口コミを見てもその評価の高さ、信頼性の高さをうかがい知ることが出来ます。
もちろん、人それぞれで重視する点は異なってくるでしょうが、手っ取り早く低用量ピルを購入していきたいという場合にはベストな選択となるでしょう。
まずはあんしん通販薬局のページを閲覧し、その品ぞろえやサービス内容についてチェックしていくことからはじめていきましょう。
ある程度ページをチェックすれば、その質の高さを実感することが出来ます。

日本は他の国に比べて服用率は低い

日本は他の国に比べて、低用量ピルの服用率が低いとされています。
避妊の手段の一つとして海外では主流になっている低用量ピルですが、日本にはいまだ文化に根付いていません。
また、毎回購入するために医師の診察を受けなければいけないという点も、日本で低用量ピルが普及しない原因の一つとなっています。
毎回のように病院通いをするとなれば、必然的に仕事や私生活への負担が大きくなります。
こうした犠牲を払ってでも避妊を徹底していきたい、低用量ピルを服用したい、そんな人自体が日本では少ないということです。

海外の場合、低用量ピルは避妊のためだけでなく、PMSの治療の一環として用いられています。
低用量ピルの作用によって女性の体の中ではホルモンのバランスが変化し排卵がストップします。
排卵が行われなければ当然、妊娠することもありませんし、ホルモンバランスが一定化することでPMSの症状も緩和させることが可能です。
そもそもPMSは女性ホルモンの分泌が過剰に行われることで引き起こされていますが、低用量ピルの服用はその根本から問題を解決することができるということです。

避妊だけでなく、PMSの症状改善にも役立つ低用量ピルです。
その服用率が今後日本でも増えていくことが予想されます。
今現在のデータでは、日本の服用率が1パーセント前後という非常に低い数字ですが、海外、特にドイツやオランダの場合だとその率が50パーセントを優に超えています。
アメリカでも低用量ピルの服用率が15パーセントを超えていることを考えると、この流れも今後日本にやってくることが予想されます。

もちろん、日本などアジア圏ではいまだ低用量ピルが避妊薬としか認識されてないため、急激に服用率が上がっていくことはないでしょう。
同じアジア圏の中国では、その服用率が3パーセントというデータも残っています。
この数字は日本と非常に似ています。
とはいえ、PMSへの治療やその他、美容目的でピルを服用するケースもあるということは、その認知度を高めていくチャンスでもあります。

実際、避妊目的としてはもちろんですがそれ以外の目的でも、低用量ピルの服用を進める医師は多くなってきています。
手軽に始められる常用薬としても今後注目されていくでしょう。

低用量ピルの主な副作用

低用量ピルの主な副作用にはどういったものがあるのでしょうか?まず代表的なものを挙げるとすれば頭痛や吐き気、不正出血などの症状です。
頭痛や吐き気は低用量ピルの中に含まれる女性ホルモンのバランスに体が順応できずに起こっている可能性があります。
吐き気のせいで一度服用したピルを戻してしまった場合には、その時間によって再度錠剤を服用しなければいけないケースもあります。
あまりに症状が顕著であれば、食後の服用は控えたり、あるいは寝る前に服用したりすることで対処していくようにしましょう。

また、頭痛の症状が顕著な場合であればその都度頭痛薬を服用していきましょう。
鎮痛成分の入った薬で症状が治まるようであれば、問題はありません。
こうした副作用の症状はピルを服用し続ける限りずっと続くというわけではなく、時間とともに薄らいでいきます。

これは低用量ピルによるホルモンバランスの変化に体が順応していくためで、人によって多少の違いはあるものの数か月程度で不快な症状は治まっていきます。
もしも時間が経過しても副作用が改善されない場合には、低用量ピルと体が合っていない可能性があります。
この場合には早急に医師に相談して低用量ピルの種類を変えていくことも大切です。

最後に、注意していきたいのが不正出血の症状です。
この症状も低用量ピルの服用をはじめたばかりのころに多く、人によってはこの出血によって貧血を引き起こすこともあります。
単純に血の量が足りなくて貧血になっている場合には鉄剤や食事内容を改善することでも十分に対処できますが、貧血の症状があまりにも顕著な場合にはそれがもとでめまいや立ちくらみなどの副作用も併発してしまいます。
症状が悪化しないうちに体を十分に休ませること、異変を感じたらすぐに医療機関を受診すること、これらの点を押さえておくことが大切です。

不正出血の症状も、先に挙げた頭痛や吐き気同様にいつまでも続く副作用というわけではありません。
時間の経過とともに症状が自然と治まるケースが大半のため、しばらくの間は症状の経過を観察していきましょう。
症状が治まればそれで問題は解決ですし、症状が長引く場合には低用量ピルの種類を変えてみたり、あるいは医療機関に相談してみたりと対処していくことになります。