女医とバルトレックス

生理痛緩和はピルで改善しましょう

多くの若い女性の悩みの1つとして全身の血行不良や冷え、ストレスが原因とされる生理による痛みが挙げられます。
人によっては日常生活に支障があるほどその痛みは千差万別な上に生理の時期だけではなく、生理前から体調を崩す人も少なくありません。
そんな多くの若い女性が抱える悩みを、ピルが生理痛緩和へと導いてくれると注目を浴びています。

厚くなった子宮内膜がはがれて外へ排出される症状が生理の仕組みですが、痛みはこの厚くなった子宮内膜中にあるプロスタグランジンという物質が子宮収縮を引き起こすことによって生まれています。
プロスタグランジンが多ければ多いほど、つまり子宮内膜の厚さに依存して子宮収縮が起きて痛みが出るということになります。

ピルに含まれているホルモンは、子宮内膜を増やすことを抑える作用があります。
そのため、必要以上に子宮内膜が厚くならず生理痛緩和に繋がるのです。
生理痛緩和だけではなく、ピルはホルモンを調整しているため、ホルモンにより引き起こされていた症状が軽くなります。
例えば、生理前の不快な症状や肌荒れやニキビなどの肌トラブルの改善も期待することができます。
それだけではなく、生理不順の方にも生理を安定させるために服用が推奨されています。
更に痛みがある方は、子宮内膜症などの女性特有の疾患があることもありますが、ピルの服用によりこの疾患の予防や改善効果が期待され、将来的に子宮体がんや卵巣がんなどの予防にも繋がります。

このようにピルを服用することは生理痛緩和だけではなく、多くのメリットがあるといわれています。
薬を服用することで副作用のイメージをもたれる方もいるかもしれませんが、驚くべきことにピルは副作用のリスクが低いことでも有名です。
最近では、よりホルモンの含有量が少なく安全に使用できる超低容量ピルがあり、頭痛や吐き気の症状がでていた方も安心して服用できるようになっています。

生理中のデリケートゾーンケアについて

生理中のデリケートゾーンの悩みで代表的なものとしてかゆみやニオイが挙げられます。
この要因はムレだといわれており、特に生理時期はデリケートゾーンを直接覆うためムレやすく湿気がこもるので、雑菌が繁殖しやすいといわれています。
この影響によりかゆみやニオイが生じてしまうのです。

また生理前や生理中は女性ホルモンであるエストロゲンが減少します。
このエストロゲンは女性ホルモンとしての機能だけではなく、間接的に自律神経を整える働きもおこなっているため、自律神経が乱れ体の抵抗力が弱くなってしまいます。
抵抗力が下がることにより、細菌が繁殖する絶好の環境が整うため、かゆみやニオイの症状を発症しやすくなってしまいまです。

このようなデリケートゾーンが敏感な時期を知るとともに清潔に保つことが重要になってきます。
生理用ナプキンやおりものシートをこまめに取り替えたり、通気性の良いナプキンやタンポンを使用するなど工夫してみましょう。
入浴で清潔に保つことも大切ですが、強く洗うと皮膚が乾燥しかゆみの原因になるので洗い方には注意が必要です。

ストレスを解消して自律神経を整えることもデリケートゾーンのケアには必要です。
雑菌からの抵抗力を保つためにもリラックスした時間を過ごすようにすると効果的です。
特にストレッチは筋肉をほぐすことにより自律神経を整えるため、簡単にできる手軽な方法としておすすめです。
ストレッチとともに呼吸を意識すると、更に体を温め全身の血行の改善にも効果的です。

免疫力を高めるためにもバランスのとれた食事や睡眠を十分にとることも欠かせません。
水分補給をする際は冷たい飲み物より常温の飲み物を摂取することで、体の冷えを防止できます。
また睡眠前に温かい飲み物を補給すると、質のいい睡眠ができ自律神経を整えることにも繋がります。