女医とバルトレックス

女性ホルモンを増やす生活習慣について

女性の中には、もっと女性ホルモンを増やしたいと思っている人がいるでしょう。
生活習慣を見直すだけで女性ホルモンを増やせます。
現代人は睡眠時間が短い人が多いですが、質の良い睡眠は女性ホルモンを増やします。
できれば7時間くらい寝たほうが良いでしょう。
寝る前にスマホをいじると強い光を浴びてしまうので睡眠の質を下げるので避けてください。

適度な運動も大事です。
運動不足ならば、意識して体を動かしましょう。
適度に体を動かすと血行促進されますし、代謝アップします。
ヨガやストレッチなどの軽い運動でも女性ホルモンを増やすことができるので、取り入れてみませんか。

血行促進ならば入浴も見直してみてください。
女性は冷え性が多いですが、体を冷やさないことを心がけましょう。
入浴は体を温めてくれますし、リラックスできます。
足湯や半身浴でも体の芯から温めることができます。
薄着の季節は意外と体が冷えるので、こういう時こそ体を冷やさない対策を行ってください。

恋をすることも女性ホルモンを増やすので恋をしましょう。
恋をすると脳内のドーパミンが増えます。
ドーパミンの他にも幸せホルモンのセロトニンも増えて、幸せを感じると女性ホルモンを増やすことができます。

良い男性が周りにいないと嘆いている人もいますが、疑似恋愛でも構いません。
かっこいい芸能人を見てドキドキするのも良いですし、ペットに癒されることも女性ホルモンを増やせます。
無理をする必要はありませんので、かっこいい人を見つけたらドキドキするくらいで良いでしょう。

自分の今の生活習慣を見直すだけでたっぷり女性ホルモンを増やすことができるかもしれません。
お金がかからないことばかりですし、ちょっと工夫すれば何とかなるのではないでしょうか。
忙しくて不規則な生活をしていても、なるべく規則正しい生活を心がけてみてください。
そうすれば、きっと今以上に魅力的になれるはずです。

無理なダイエットは女性ホルモンを減らしてしまう

痩せてきれいになりたいと願う女性はたくさんいます。
適度なダイエットをして適正体重になるのは良いことです。
しかし、無理なダイエットは女性ホルモンを減らすのでおすすめできません。

早く痩せたいと思って、ほとんど何も食べなかったり、全く食べないなどしていませんか。
食べなければ確かに体重は減りますが、これは痩せたというよりもやつれたと言ったほうが良いです。
体に必要な栄養素が全く足りなくなってしまいます。

一つのものだけを食べ続けたり、ご飯を抜くダイエットもありますが、これも良いわけではありません。
このような極端なダイエットによってホルモンバランスが乱れてしまいます。
女性ホルモンが減ってしまうために、体調を崩すかもしれません。

ダイエット中もバランスよく食事をしてください。
魚は不飽和脂肪酸が入っており、悪玉コレステロールを減らしてくれます。
肉はセロトニンを増やす材料が入っているのでバランスよく食べましょう。

若い女性ほど無理なダイエットに走りやすいですが、健康的に痩せることを心がけてください。
食事内容を見直したり、生活習慣を見直すだけでも十分痩せられるかもしれません。
巷にはいろいろなダイエット法がありますが、楽して痩せようと思って無理をすることだけはやめましょう。

無理なダイエットによって女性ホルモンが減ってしまうとバストが小さくなるでしょうし、バランスの悪い体形になるかもしれません。
女性ホルモンが多ければバランスの良い体形になります。
無理なダイエットよりも女性ホルモンを増やして魅力的な体形を目指したほうが良いです。
女性ホルモンを増やす生活を始めてみませんか。
生活習慣を変えるだけできっと素敵な女性になれます。