女医とバルトレックス

プレ更年期にはプロギノバでホルモン療法をしよう

更年期になると女性ホルモンの分泌量が急激に低下し、それによって様々な不快な症状が現れます。
プレ更年期で不快な症状にお悩みなのであれば、プロギノバでホルモン療法を行うという方法があります。

プロギノバはホルモン剤であり、女性ホルモンが足りないときに処方を受けることができます。
プレ更年期の様々な症状にホルモンを外から補うことによって改善することが可能です。
更年期に伴って起きる様々な症状は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が急激に減少することにより起きることが分かっています。

プロギノバに配合されているのは、エストラジオールです。
これが減ってしまったエストロゲンを補う役割を果たしてくれます。
エストラジオールにはエストロゲンを活性化させるという働きがあり、それによってプレ更年期の不快な症状を軽減する働きが期待できます。

ホルモン剤を服用する場合、とにかく効果が強いものを処方して貰えばよい、というものではありません。
体質に合っているものを選ばないとかえって体調が悪化してしまう可能性もあります。
個人差があるものですから慎重に選ぶということが必要です。

プロギノバの場合には、エストラジオールがエストロゲンを活性させることでホルモンバランスを整えることが可能です。
自分がもともと持っているエストロゲンを活性化したり、一緒に服用する薬に含まれる成分を活性化するなどの働きでホルモンバランスを整えることができます。
ちょうど良いバランスに整える効果が期待できまするので、プレ更年期のデリケートな時期を上手にサポートしてくれます。

更年期障害には、ほてりやのぼせといった症状もでてきますし、多汗や動悸・息切れといった症状が現れることもあります。
頭痛やめまいが酷くなったりイライラしやすくなったり、冷え性が酷くなるなどの様々な症状が現れます。
気になる症状があったら、病院でプロギノバによるホルモン療法について相談してみると良いです。

薬を使わないでプレ更年期を改善する

女性は閉経の前後で様々な症状に悩まされることがあります。
閉経に伴う不快な症状には、ほてりやのぼせ、イライラといった症状に悩まされることがありますが、薬を使うということに抵抗のある方も多いです。
そんなときには、アロマセラピーを活用するという方法がおすすめです。

プレ更年期を改善するためには、ストレスを軽減することや女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量を一定に保つといったことが効果的です。
そのためには規則正しい生活習慣や栄養バランスの良い食事を摂るなど、毎日の生活を改善して整えるということが必要です。

アロマセラピーはストレス解消にも役立ちますし、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。
アロマセラピーによる効果は選ぶアロマによって変わりますので、欲しい効果に合わせて使い分けるとよいです。

ラベンダーにはリラックスの効果や体を温めるといった効果が期待できます。
質のよい眠りに導く効果も期待できますので、リラックスして眠りたい、といったときにも活用できます。
ホルモンバランスを整えるにはゼラニウムが効果的です。
イライラへの効果も期待できます。

手軽にケアしたいという方にはハーブティーがおすすめです。
ハーブティーとして有名なものにカモミールがあります。
カモミールは飲みやすいですし、気分を落ち着かせてくれるという働きが期待できます。
ストレスや不安、不眠などにも効果が期待できますのでおすすめです。
ストレスや安眠に効果が期待できるラベンダーもハーブティーとして楽しむことができます。

サフラワーやアンジェリカルート、セージやセントジョンズワートなど更年期に効果が期待できるハーブは沢山あります。
様々なハーブがブレンドされた更年期向けのハーブティーなどもありますので、体質に合ったものを選んで活用するとよいです。