女医とバルトレックス

プレマリンは通販でも購入できるので便利

女性ホルモンは閉経が見られる時期が近接するにつれ、分泌量が減少する傾向があります。
女性ホルモンには肌や血管の柔軟性や保湿性を維持すると言った作用だけでなく、精神的安定や心理的不安感の解消などの精神的状態のサポートにも役立っています。
もちろん妊娠に備えて身体状況を整えると言う作用も有しているのは確かです。
若年齢でも卵巣機能が無理なダイエットや生まれつきの影響で排卵機能が弱っている場合も考えられます。
自然な女性ホルモンの分泌を待っていては、なかなか妊娠を期待できない場合もあるのです。

特に卵巣機能が低下すると不妊の原因になるので、女性ホルモンのエストロゲンを補充することで排卵を促すのが不妊治療の第一選択になります。
プレマリンは卵巣機能が低下している女性に結合性エストロゲンを補充することで不妊治療の作用を発揮するのが特徴です。
ファイザー社から発売されていますが、日本国内では薬事法の規制があるため、医師の処方箋をもらって入手することになります。

ただし病院で入手する場合、診察料などの費用が加算されるので、長期的にはコストが高くなるのは否めません。
個人で購入すると言っても薬局やドラッグストアでは販売されていないことと、販売会社が外国のファイザー社であることも考慮すると個人輸入代行の通販サイトで購入するのが合理的方法です。
まとめ買いをすると割引価格で購入することができるので、さらに割安になります。
不妊治療はある程度継続することが前提になるので、まとめ買いをしておき常備しておけばタイミング法などのサポートにもなる訳です。

ただし不妊原因を確定させるために、通販を利用する前に婦人科を受診して一度処方を受けておくのが賢明です。
正しい服用方法と副作用のリスクなどの情報にも接することができるばかりでなく、男性型不妊の原因など別の要因が不妊の原因になっている場合には、別の治療が有効なこともあるからです。

プレマリンの効果と副作用について

それでは具体的にプレマリンはどのような効果を持っているのでしょうか。
プレマリンは結合性エストロゲン製剤に分類され、卵巣機能が低下し十分な排卵を期待できない状態の改善を期待できます。
さらにプレマリンには妊娠しやすいように子宮内膜を分厚くする作用も持っています。
排卵と着床を同時にサポートすることで妊娠しやすい環境を作り出す効果を、持っていると評価できるのです。

プレマリンには月経前症候群を改善させる効果も持っています。
月経前症候群とは、生理の3日から10日前に現れる身体的精神的症状のことです。
身体的症状には、むくみや腹部膨満感と言った体液貯留症状、頭痛腹痛腰痛などの痛覚症状等があり、精神的変化には情緒不安定や抑うつ症状や不安感増悪などが経験されます。
プレマリンはこのような月経前症候群の身体的精神的変調の緩和に効果を持っています。

ところでプレマリンは元来女性の身体に存在するエストロゲンに近似した性質をもっているものですが、薬である以上副作用のリスクがあるのも確かです。
併用に注意するべき薬には糖尿病治療薬が挙げられます。
エストロゲンには耐糖能を低下させて血糖値を上昇させる作用を持つことが知られています。
そのため血糖降下剤の効き目を減若させる恐れがあるからです。
膠原病などでプレドニゾロン等のステロイドホルモンを服用している場合、効果が増強させる可能性があるので、やはり併用には注意を払うべきとされています。

重大な副作用には静脈血栓症が出現する可能性があるので、血栓症症状が見られたときは直ちに服用を中止し、医師の診察を受けることが重要です。
血栓症では下肢の疼痛や突然の胸痛や息切れや中枢神経症状が代表的な兆候になります。