女医とバルトレックス

ピルで人気のトリキュラーについて

トリキュラーは服用することによって排卵を抑えることができ受精しないよう調節することが可能です。
トリキュラーにはエチニルエストラジオールやレボノルゲストレルなどの有効成分が含まれていて、エチニルエストラジオールはエストロゲン薬の種類で、レボノルゲストレルはプロゲステロン薬と呼ばれています。
排卵や生理などの妊娠するために必要な物質である女性ホルモンとして知られていて、女性ホルモンは子宮や卵巣に作用して受精するための体内バランスや環境などを整えることが可能です。

女性ホルモンは主にエストロゲン、いわゆる卵胞ホルモンとプロゲステロン、いわゆる黄体ホルモンの2種類があり、卵胞が成熟するのに脳内の視床下部の部分から信号が発せられます。
これがきっかけでいくつかのステップを経てから卵巣が刺激され、その結果卵胞の成熟が始まります。
ある程度成熟すると卵胞はエストロゲンを分泌し、この時エストロゲンが合図になって卵胞の成熟がストップします。

今度はプロゲステロンが放出され、プロゲステロンは子宮内膜などの体内バランスを調整するので二つの女性ホルモンは妊娠するのに重要な物質です。
トリキュラーによってエストロゲンやプロゲステロンなどを投与することで卵胞形成に不可欠な2つの信号が体内に存在することになり、女性ホルモンが存在することによって脳は卵胞が成熟したと勘違いします。
これらの仕組みから排卵が抑えられ避妊効果を発揮することが可能です。

トリキュラーは人気のある医薬品で、服用方法が2種類ありますが難しくないので多くの人が利用しています。
旅行ピルとしても人気があり、生理日などをアレンジすることができるので何かしらのイベントや旅行する際にもよく用いられている医薬品です。
いくつか副作用があるので服用する際は医師と相談し、自分に合ったピルを選択することができます。
生理が不規則な人は予想するのが難しいので、医師と1ヶ月くらい前から相談すると良いでしょう。

旅行ピルを使うメリットについて

ピルはほぼ100%避妊効果を発揮することができる医薬薬ですが、さまざまな副効用がありいろいろな使われ方をしています。
例えば旅行ピルとして利用している人がいるように、生理を調整することが可能です。
予定日を移動することができるので、旅行の時に便利です。

月経量を減少させたり不順を改善することができ、女性にとっての辛いさまざまな症状を改善することもできます。
ホルモンバランスを整えることができるので生理前に現れるニキビや肌あれなどを改善することができるでしょう。
排卵を抑制することによって卵巣を良い状態に維持することができ、卵巣がんや卵巣腫瘍などといったリスクを低下させることができます。

ピルを服用すると子宮内膜が厚くならない内に生理が起こるので出血量を減らすことができ、子宮収縮が抑えられるので月経痛を軽減することが可能です。
子宮内膜症にもなりにくくすることができ、すでに子宮内膜症になっている人はその進行を遅くすることができます。
周期が規則正しく28日になり、周期が不順の人にもおすすめです。
予定を立てやすいので、旅行や試験などの大事なイベントに便利で、一般的に1カ月以上前から服用すると生理日をアレンジすることができるでしょう。
早めたい場合は開始1日から5日までに飲み始め、生理が来て欲しいなら2日ぐらい前に服用をストップすると生理がスタートします。

あくまでピルを服用しているのが条件になるので、開始日をいきなりずらせる訳ではないので服用方法には注意が必要です。
生理を遅らせるなら予定日の5日から7日前から延期したい日まで飲み続けると服用をやめてから2日後にスタートしますが、事前にピルの服用が必要になります。
トリキュラーなどを上手に利用することで旅行先でも快適な生活をおくることができるでしょう。