女医とバルトレックス

アフターピルを事前に用意しておくと安心です

間違った使い方をしてしまいコンドームが破れる、またはレイプ被害などのトラブルで望まない妊娠をしてしまう可能性も少なくありません。
もし、このような事態に陥った後にも妊娠を避ける方法があるのであれば、知りたいという女性も多いでしょう。

コンドームが破れるといったトラブル・レイプ被害に遭った後でも、アフターピルを上手く活用すれば高い確率で避妊することができます。
アフターピルは性行為後に行える避妊効果を持つ薬です。
海外では性行為を行った翌日の朝に服用することから、モーニングアフターピルとも言われています。

アフターピルの場合は一気に女性ホルモンのバランスを変えることで、妊娠しにくい状態にするのが特徴です。
卵巣の機能をストップする作用があるので、妊娠するために必要な受精卵が作られるのを阻止します。

また、子宮内膜に受精卵が着床しにくいような環境を作り出すので避妊の効果を得られるという仕組みです。
錠剤を服用するだけの手軽な緊急避妊方法ですので、女性にとって身体への負担が軽くて済むという点はアフターピルのメリットと言われています。

ただし、アフターピルは確実に避妊できる薬ではありません。
服用するタイミングが遅くなればなるほど、避妊する確率が上がってしまうので注意しましょう。
できるだけ避妊のリスクを避けるには、性行為を行ってから12時間以内に服用するのが良いと言われています。
72時間以降になると妊娠するリスクが高まるので、できるだけ性行為後72時間以内に摂取することが大切です。

レイプ被害などのトラブルは、いつ起こるか分かりません。
自分の身を守るには自分で知識をつけて自衛する必要があります。
万が一のことを考えて事前にアフターピルを準備しておくと良いでしょう。
女性の中にはお守り代わりとしてアフターピルを財布などに入れて常に持ち歩いている人もいるほどです。
日本国内ではまだまだ浸透しているとは言えないアフターピルですが、上手く活用できれば女性の身を守ることが可能です。

アフターピルの種類と違いについて

性行為も服用すれば避妊の効果があるアフターピルは、女性にとってお守り代わり的な存在の薬です。
ただ、アフターピルには大きく分けて2つの種類・服用方法があります。
この2つの違いを知らないと、いざ試す時に摂取方法が分からないということにもなってしまいかねません。
ですので、アフターピルの種類と違いについてチェックしておくと良いでしょう。

アフターピルで緊急的に避妊する場合には、ヤッペ法とLNG法という2つの種類があります。
ヤッペ法は古くから行われている緊急避妊方法の1つです。
プラノバール錠という種類のアフターピルを使用します。
1回、プラノバール錠を服用した後の約12時間後に再度服用するのがヤッペ法の特徴です。
性行為後72時間以内に2錠内服して、さらにその12時間後に2錠内服するという方法で摂取します。
服用しなければいけないタイミングが2回あるので、そのタイミングを忘れないように注意しましょう。

LNG法はアイピルなどのアフターピルを使った緊急避妊方法です。
アイピルに含まれている有効成分レボノルゲストレルの略で、LNGにちなんでLNG法と言われています。
LNG法の場合も性行為を行った72時間以内に錠剤を補う必要があります。
ただし、ヤッペ法とは異なり1回のみで効果を発揮するのがLNG法の特徴です。
飲む錠剤も1錠で済みます。

どちらも72時間以内に正しく服用すれば、高い確率で妊娠を避けることが可能です。
ただし、ヤッペ法の場合は4錠もの薬を飲むことになるので、副作用が強く出やすいと言われています。
LNG法は1回のみの摂取で済むのでヤッペ法よりも副作用は起こり難いと言われているので、副作用が心配という人はLNG法を選ぶと良いでしょう。